blog

真田紐で座面を編む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

糸フェス直前に新しい商品が生まれました。

椅子やスツールの座面を真田紐で編んでみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

真田紐とは古くは武具や甲冑留める紐として使われた

締めやすく伸びにくい丈夫な織物で

独特の艶と美しい風合いの柄行が特徴の伝統工芸品。

今は茶器などの箱紐として知られています。

 

この真田紐を製造されている

藤井リボンさんとご縁があって

椅子とスツールの座面を真田紐で編んでみました。

 

ペーパーコードより太さがありますし

滑りがいいので比較的楽に座面が出来上がります。

しかも適度なクッション性があるので

座り心地がいい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

糸フェスにお越しくださった藤井社長に

早速編み編み体験していただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2時間もかからずにあっさり完成です!

社長の帽子!

これも真田紐。素敵ですね!!

 

真田紐には色んな色柄がありますので

座面の色選びの楽しみが増えそうですね。

 

今後の展開に期待大です。

 

2015-10-15 | Posted in blogNo Comments » 
Comment





Comment