blog

こども部屋計画

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

我が家のリビング。

人様にお見せできるような部屋ではありませんが。

TV周辺にはこどもたちの玩具

そして横の本棚には絵本がずらりです。

 

子どものモノがあると

どうしても散らかってしまいます。

 

この散らかるリビングをどうにかすっきり片付けたいので

次男が来春小学校にあがるのをきっかけに

子ども部屋を作ろうという計画を

主人とふたりであれこれ思案中です。

 

最初はikeaにあるようなカラフルな子ども部屋に

スペース有効利用で2段ベッド☆

それとも秘密基地みたいに2段ベッドの下に

机を付けるとか?

色々考えました。

 

でも長男は現在10歳。

あと10年もすれば成人です。

中学生にでもなれば自分だけの部屋も欲しくなるだろうし

次男は2段ベッドだと喜ぶだろうけど

長男が今から2段ベッドは考えにくい。

 

子どもの成長と共に

私たちの暮らしは刻々と変わっていくんだろうなぁ

というのが容易に想像できます。

 

そうなるとやっぱりシンプルな部屋や家具を選びたい。

暮らしは変わっても長く使えるモノが欲しい。

そう更に思うのです。

 

CLAPの家具を作る時にもいつも考える

シンプルで機能的で飽きのこない長く使えるモノ。

 

やっぱりそれだな〜〜と。

 

 

そうなると子ども部屋に必要になるのは

シンプルなベッドと机と収納棚といったところでしょうか。

 

 

すっきりシンプルなお部屋を考える時に

いつも参考にするのは

建築家・中村好文さんの本。

彼の家や家具に対する考え方に

いつも凄く共感しています。

 

愛読書はこれ。 

 

子ども部屋に限らず

居心地のいい、自分たちの暮らしを考える。

 

秋の夜長

そんなことをあれこれ考える日々。

 

 

 

2014-11-01 | Posted in blogNo Comments » 
Comment





Comment