blog

糖質制限のその後

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夫婦で糖質制限を始めてから9ヶ月が過ぎました。

始めた頃は『甘いモノが食べた〜い』という欲求と戦って

時々子ども達と一緒に食べちゃったりもしてました。

 

MECを知ってからは

お肉やチーズ、卵などのたんぱく質を

しっかり摂ることに気をつけました。

 

そうしていくうちに

甘いモノへの欲求はどんどん少なくなっていきました。

スーパーのお菓子売り場をうろうろすることもなくなったし

ケーキや和菓子を目にしても

以前のように食べたい衝動にかられることが少なくなりました。

 

甘いモノ(糖質)には麻薬の様な強い常習性ある

 

と聞いたことがありますが

あーホントにそうかもしれないと

身体全部で納得できました。

 

前にも書きましたが

江部先生のブログ

夏井先生のHP

そして糖質制限をやっていらっしゃる方のFacebookなどで

美味しく楽しく糖質制限を続けてきました。

 

体重減少によって身体の動きがいいことをはじめ、

・食後の眠気が少ないこと

・主人のいびきがものすごく改善されたこと

・加齢臭と思って諦めてた体臭も改善されたこと、などなど

実感していることはたくさんあります。

 

でも一番気になる主人の血液検査が

延び延びになっていましたが

ようやくこの夏検査に行ってきました。

 

結果、具体的な数字は出しませんが

血糖値→正常値まで下がりました。

ずっと肝機能の数字が良くなかったのですが

正常値まで下がりました。

 

1年足らずでこの結果ですから

本当に嬉しい悲鳴です。

やってみて本当に良かったです。

 

糖質制限を始めた頃は

数値が良くなったらご飯は食べるよ〜

とか

ラーメン食べに行きたいなぁ

とか言ってた主人ですが

台所を一手に引き受けている私は

このまま糖質制限を続けようと思っています。

 

今まで大好きだった糖質のことを

たくさん勉強したら

美味しいけど身体にとって必要でないだけでなく

色んな病気の原因と考えられなくもなく

家族には食べさせたくないと感じたからです。

 

とはいえ

子ども達はまだまだ育ち盛りです。

成長にはエネルギーも必要です。

大人も時々甘いモノを食べてホッとしたいこともある。

 

ぎっちぎちに糖質制限ではなくて

糖質と上手くつき合っていければと思っています。

 

 

 

 

 

 

2014-09-06 | Posted in blogNo Comments » 
Comment





Comment