ダイニングテーブル T-029

IMGP1935

幅2mの広いダイニングテーブル。

 

このテーブルには2つの特徴があります。

ひとつ目は天板と脚が外せること。

IMGP1922

 テーブルの裏側。
天板と脚をつないでいる込栓(こみせん)を外せば

IMGP1916

天板と脚が外れます。

 

大きなテーブルはそこそこ重さもありますので、運んだり動かしたりが大変ですが

天板と脚が外れると楽に運べます。

転勤の多いご家庭には便利です。

 

そして2つ目の特徴。

テーブルの高さが660mmということです。

 

家具やさんで目にするテーブルの多くが700mm〜720mmですから

50mm程低いです。

IMGP1929

テーブルの高さって意外に重要です。

 

CLAPでは660mm〜680mmをおすすめしています。

その理由はいくつかありますが

  1. 足がしっかり床に着くので落ち着くこと。
  2. 肩が上がらないので、食事などの所作がとても楽にできること。
  3. 天井までの空間が広がり、お部屋全体が広く感じること。

簡単に言えばこんなところでしょうか。

 

私は高さとか長さとかの感覚がつかめない人なので

『テーブルの高さはどれくらいがいい?』と主人に聞かれても

意識したことなかったのでよくわかりませんでした。

 

でも自宅のテーブルをこの660mmで作ってもらってからは

ご飯を食べる時も、仕事をする時も、

肩が上がらずとっても居心地よくて

たった数十mm違うだけでこんなにも心地よくなるんだ〜って感じました。

IMGP1940

 660mmの高さのテーブル。
 
CLAPに展示していますので、よかったら体感しにいらしてください。

 

 

製品名ダイニングテーブル T-029
樹種レッドオーク
仕上げオイルフィニッシュ
サイズ(mm)W2,000 × D850 × H660
参考価格(税込)
¥310,000-
*配送費が別途かかります。
*価格は予告なく変更する場合があります。

 

2013-10-06 | Posted in | No Comments » 
Comment





Comment